PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
カールヘルム 「ボクシングくま」
2009年 01月 27日 (火) 14:45 | 編集
「蝶のように舞い、蜂のように刺す。」
― Floats like a butterfly, stings like a bee― と聞いて、
モハメド・アリのことだと分かるのは…、と年齢的なことはさておき、
カールヘルムの2月のアイコンが「ボクシングくま」ということなので、
格闘技にはあまり興味がない私ですが、少し触れてみたいと思います。

伝説のボクサー、モハメド・アリ。
「蝶のように…」と形容されたのは、彼のボクシングスタイル。
1960年代、それまでのヘビー級ボクシングはまさに重量級の男達の殴り合いだったところに、
華麗なフットワークと俊敏なパンチを繰り出し、このように形容されました。

ただ、圧倒的に強かっただけではなく、挑発的な言動、改宗、人種差別への抗議、
そして徴兵拒否と、当時の時代背景に真っ向勝負の人でもありました。
ベトナムへの兵役拒否をしたことで、ヘビー級王者のタイトル剥奪、
全盛期の4年間は試合をすることができませんでした。

復帰後の試合で敗北、その3年後に当時全盛期だったジョージ・フォアマンに挑むのですが、
当然、誰もがアリの敗北を予想していました。
なにせ、当時のフォアマンは「象をも倒す」と言われていたチャンピオンです。

ところが1974年、25歳のフォアマンは、32歳のアリに8ラウンドでKO負け、
アリの快挙は、この試合が行われたアフリカの地にちなんで「キンシャサの奇跡」と言われています。
アリは1981年に引退、今年67歳となった今は、引退後に発病したパーキンソン病と闘っています。
先日のオバマ大統領の就任式にも出席していましたが、
彼がリングの外で闘ってきた数々のことを考えると、
その胸中は私などが軽々しく書けるものではありません。

さて、一方のフォアマンですが、1977年に28歳で引退、その後、なんと宣教師となります。
そして引退から10年を経て、宣教活動の費用捻出のため、
ふたたびリングに立つのです。

何度か世界タイトルに挑戦するも判定負け、やはり無理だと誰もが思った1994年、
当時のタイトル保持者を倒し、45歳の時に世界最年長のヘビー級王者となるのです。

格闘技に興味がないと書きつつ、実はフォアマンが約20年の時を経て、
再び45歳でチャンピオンになるまでの日々を追った、
NHKのドキュメンタリー番組を見たことがあります。

淡々ともの静かで温厚な人柄。
一番原始的とも思える殴り合いを職業に選んだ人が何故、宣教師に?と興味は尽きません。
加えて、じゃがいものような顔と仔犬のような瞳にすっかり魅せられてしまいます。

「キンシャサの奇跡」は、敗北したフォアマンにとって、
試合の負けは人間としての敗北と向き合わねばならない日々の始まりでもありました。
でも、淡々と、時に小さく口笛を吹きながら、トレーニングと宣教師としての日々。

しかし、誰もがも無謀な挑戦と思っていた世界王者戦に勝利、
自らの呪縛となっていた、キンシャサの奇跡を超える軌跡を起こすのです。

テディのアンティークスタイルのグローブには蜂と蝶が描かれています。
モチーフに込められたロマン、あるいはストーリーにぜひ目を留めていただけたら、
と思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2009年 01月 07日 (水) 14:43 | 編集
年末年始は実家で過ごしたので、帰ってからまとめて溜まっていた新聞をナナメ読みしました。
続けて読んでいると、年末に向かっての見出しは、減退や暗や下など、
目に入る文字がどんどんネガティブになって行き、
掲載される写真も猛吹雪に下を向いて歩く人の姿やトラブルで起きた長蛇の列の様子など、
気持ちもつられてウツウツとしてしまいます。

12/31には「来年こそは!」といったいくぶん上昇傾向の言葉が見られ、
そして年が明けると一転して希望に満ちた言葉や笑顔、
晴れやかな富士山など、美しい色目の写真が多数、そして大きく紙面に溢れます。

あたり前と言えばあたり前の流れですが、もちろん、この間も事件や紛争は起きていますし、
経済面では楽観的な要素などひとつもありません。
だけど、強い言葉や美しい色は人を前に向かせ、背中を押してくれます。

新聞のような大きなメディアは、起きている現実を伝える事が第一義であっても、
時に希望を持って前に進むことの大切さを訴える必要があると考えているのかもしれません。

日本人、あるいは日本に住む者にとって、お正月は大切な行事です。
月が変わること、年が明けることで何か特別の力が働く訳ではないはずなのに、
この節目を特別なものと意識することで、古いことを水に流し、
新しいことを受け入れる力を得てきたような気がします。

新聞の見出しもそうですが、初詣に出向いた人のインタビューでは、
皆が皆、今年がどうなるか案じつつも、切実に良い年になるように願っていました。
もしかして、「お金がほしぃ~」とか、「結婚したぃ~」という声があっても、
カットされたかもしれませんが(笑)、
「何とか良い年に」という、個人の思惑を超えた願いが、
まさに異口同音、これほど一致することって久しくなかったように思いませんか?

少なくとも、昨年起きた目まぐるしい様々な出来事は、
多くの人を同じ願いへと結び付けているのだと思うのです。

そうだとしたら、ゆっくりではあっても、きっと良くなると私は思うのです。
大河ドラマと源氏物語
2008年 12月 26日 (金) 14:37 | 編集
大河ドラマ「篤姫」はご覧になっていましたか?
私は毎週楽しみにしていました。
大河ドラマが面白いと一年が早い気がしませんか?
元号が明治に変わったのは140年ほど前のことですが、
それまでゆったりと流れていた時間は、明治以降に激変してしまったんだと改めて思います。

さて、ドラマには何回か香道のシーンが出てきましたが、
この時代、武家の暮らしにも雅な嗜みとしてまだ日常の近くにあります。
ただ、香道はいくらアロマテラピーが身近になったとはいえ、
茶道、華道を加えた日本の三道の中では、一番縁がなさそうな「道」であり、
自分としては間違いなく「柔道」が一番近いような…?

そんな私ですが、お香は3、あるいは5個の組み合わせの香を聞き、
その組み合わせ順番を当てる、
という遊びについてはほんの少~~~~しだけ見知っておりました。
特に5種の場合はその組み合わせの数が52になるので、
源氏物語五十四帖の巻名を宛てて、源氏香と言うと聞きます。

それぞれには、縦横の線の組み合わせで何番目と何番目が同じ香りか、
などを表わす記号のような図があり、香元が出題した組み合わせと合っているか調べます。
(かなり省略)

そんな事がうっすら記憶の底にあったある日、
おいしい物をたくさん知っている先輩からいただいた、
カレー味の柿の種(激ウマ)をバリボリと口にしながら、
何気なく袋を見ると、その源氏香の記号のひとつが商標となっているのを発見。
京都の式部卿というお菓子屋さんでした。調べてみると記号は浮舟。
トレードマークのひとつにもさすが、京都。おそるべし。

そう言えば、今年は紫式部が自身の日記で源氏物語について記述してから、
1000年に当たる年、「源氏物語1000年紀」などと、折りに触れて話題になっていましたね。
なんだかムリヤリですが、篤姫→香道→源氏物語が、
柿の種のおかげで私の中でひとつにつながったのでありました。

さてさて、本当に驚くことの連続した一年でしたが、来年が良い年となるよう
明るい気持ちで迎えたいものです。
どうか、皆様、良いお年を!
ニューヨーク・デリ
2008年 11月 18日 (火) 14:30 | 編集
クリスマスのプレゼンテーションが年々早くなっているような気がしませんか?
今年は11月に入ってすぐにスーパーのBGMがクリスマスソングでした。
そうなると、頭をよぎるのはプレゼントのこと。
私は近しい人達には、ニットやストールなど、やはり自社製品のギフトが多いのですが、
今年のように特徴的なアニマル柄がトレンドだったりすると、
いつものアイテムにも変化があってチョイスがしやすくなります。

そして、たいていの場合、自身が食いしん坊なので、自社製品+食べ物というセットが多くなります。
しかし、おいしく、日持ちがして、めずらしく、おしゃれで、しかもお手頃で…
などと欲張ったことを考えていると、
結局、考えすぎてまったく面白味のないものに行き着いてしまうことがしばしばです。
家には山程「手みやげ」「お取り寄せ」のタイトルの本があるというのに。

常に食いしん坊アンテナを張っていたつもりの私ですが、
先日、私よりもっと食いしん坊の先輩から、初物の素敵なギフトをいただきました。
「DEAN&DELUCA の小笠原レモンカード」という、見た感じはジャムですが、
フルーツソースとの中間のような食感のペーストです。
いつも売り切れで、なかなか手に入らなくて、
ようやく買うこうとこができたという幻のレモンカード、
以下、「DEAN&DELUCA」のページから引用させていただきます。

『小笠原産の無農薬レモンを使用し、レモン果汁の香り高い香味に植物性油脂を加えた逸品です。
さわやかなレモンの香りがお口いっぱいに広がります。
イギリスではポピュラーなペーストで、トーストやスコーン、ビスケットに塗ってお召し上がりください。』

さっそく皆で楽しくいただいき、爽やかでまろやかな酸味のカードにいたく感激したのでした。
その後、興味を持ってあれこれ調べてみると、レモンの皮のすりおろしを使うみたいで、
無農薬であることが大切なポイントのようです。
素材にこだわりを持つ「DEAN&DELUCA」ならではです。

私が初めてこのデリの名前を知ったのは、
2000年に公開された映画「ハンニバル」のラストシーンから。
レクター博士がまずい機内食を嫌って持ち込んだランチボックスに、
「DEAN&DELUCA」と書かれていたのを見て、興味が湧きました。
原作では「FAUCHON」のはずなのに、もしかして、もっとおいしいのかも!?
ちなみに映画はグロテスクな画面が多く、おすすめいたしません(笑)

NYには行ったことはないけれど、新しもの好きなミーハーとしては、
そのスノビッシュなスタイルにすっかり魅了されてしまい、
その後、2003年に東京丸の内にOPENすると知った時は、
NYに行かなくても食べることができる!と即座に思ったものでした。

その後、家の近くにも店舗ができ、NYは隣ぐっと身近になったものの、
D&Dのクオリティは変わらず、いつ言っても飽きることがありません。
いつも行くと食い入るように棚やお惣菜を見ていたのに、レモンカードは見落としていました。
あぁ、まだまだ知らないおいしいものが潜んでいます!
おそるべし、D&D。
ネーミング
2008年 05月 02日 (金) 14:21 | 編集
連休中に読む本を物色しに、新宿の「ジュンク堂」に行って来ました。
オンライン書店も利用しますが、やはりリアル店舗で本の質感に触れるのが好きです。

ところで、ジュンク堂という名前は創業者のお父様の名前である、
「工藤淳」を西洋式に入れ替えて書店名にしたそうで、
ナイスネーミングと思った記憶があります。

もうお亡くなりになりましたが、日本マクドナルド初代社長「藤田田」さんは、
クリスチャンであるお母様が、
「言葉に慎みを」という意味から、
口に十字架で「田(でん)」というユニークな名前をお付けになったそうです。

そんな訳で連休ですし、ちょっとお気楽な話題でユニークな由来を持つ社名や
ネーミングをちょっと集めてみました。

キヤノン→第一号カメラが「観音カメラ」。海外でも通じるようにキヤノンとした。
ミノルタ →「実る田」
ブリヂストン→社長の名前「石橋」をブリッジ・ストーンに置き換え。
花王石鹸→当初は顔石鹸。後に「かお」を花の王にかけて変更。
ダスキン→ ダスト+雑巾でダスキン。
フマキラー→フライ(蝿)+モスキート(蚊)+キラー(殺し屋)。なるほど。
アンデスメロン→安心ですメロン(えぇっ!?でも、そうらしいです)
カルピス→カルシウムのカルとピスはサルピス(梵語で醍醐味)のピス。
スジャータ→お釈迦様が断食修行後、乳粥をあげた娘の名前がスジャータ。

こうやって書いてみるとたまたまですが、
意外や仏教故事にちなんでいたりするネーミングが多いのですね。
会社の発展や商品の成長に祈りや願いも込められているからでしょうか。

ちなみに、ピンクハウスのブランド名の由来は、
創設時のデザイナーであった金子功さんが「ピンクは女の子が好きな色。
その好きなものがいっぱい集まっている家という意味で名付けました」と語っています。

どんなに小さな女の子でも、ピンク色のおもちゃやお洋服を手に取る様を見ると、
好きなものはやっぱり永遠に変わらないんだな、と思うのです。
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.