PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
紅葉の季節です
2001年 10月 12日 (金) 11:02 | 編集
深まる秋にそろそろ紅葉の南下の話題が気になります。
春は桜、秋は紅葉。
どちらの季節も花見に紅葉狩りにと心が騒ぐのは、
ことのほか季節の移ろいを大切にしてきた国民性がそうさせるのでしょうか(笑)

紅葉の仕組みは簡単に言うと、通常、光合成によってできたデンプンは糖分に変り、
茎へと流れていきますが、秋になり急激な温度低下によってその動きが鈍り、
茎と葉の付け根に仕切りができてしまいます。

それにより、葉の部分の水分が不足して緑色を形成していた葉緑素が分解し、
滞留した糖分からできるアントシアンという赤い色素が際立って赤く見えるのだそうです。
---こうして書くとなんだか情緒がありませんね。

時には、「ヤマモミジ、コミネカエデ、ハウチワカエデ、ナナカマド、ヤマウ
ルシ、ニシキギ」と、おまじないのように木々の名前を唱えながら、
山歩きをしてみるのも良いものです。

気がつくと、つるべ落しとも呼ばれる秋の夕暮れ、
透明な空気が夕焼けを一層鮮やかにします。
たくさんの赤に包まれて、心の中もきっと暖かくなることでしょう。
「Heimkehr」
2001年 10月 02日 (火) 11:01 | 編集
季節が巡るとピンクハウスの店頭も彩りを変え、フェアの時期になります。

今では恒例となったフェアですが遡ること12年前、
1989年・秋に最初のフェアはスタートしました。

当初はフェアのタイトルもなく、1輪のバラがモチーフだったこともあり、
そのまま、「バラ柄フェア」と私達は呼んでいました。

12年の歳月は果たして、変らないといわれるピンクハウスにも数々の変化をもたらしました。

そして、今年のテーマは「Heimkehr」
ドイツ語で「故郷に帰る」という意味です。

過去を懐かしむのではなく、原点回帰に新しさを求め、
新たなピンクハウスの旅を模索します。
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.