PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
年末はやはり忠臣蔵!?
2001年 12月 29日 (土) 11:41 | 編集
さて、残すところ後わずか。慌しさがないと年末という気がしませんね。
年末になると必ず話題になる「忠臣蔵」について、ちょっと触れておきたいと思います。

事件のあらましはご存知の方も多いと思うのでここでは割愛しますが、
この史劇の元になった『仮名手本忠臣蔵』という物語、
人形浄瑠璃や歌舞伎などで耳にするけれど、「仮名手本」って一体何のこと?

これはまず、討ち入りに参加した浪士が47人で
「いろは」の47文字に相当することにかけられています。

さらにその「いろは」の中には字謎のようにメッセージがこめられています。
縦に並べると分りやすいのですが、7文字毎の規則で区切った最後の文字をつなげると、
「とかなくてしす」→漢字で書くと、「咎無くて死す」
つまり「罪が無く死ぬ」という意味が浮かび上がってきます。

いろはにほへと
ちりぬるをわか
よたれそつねな
らむうゐのおく
やまけふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす

おわかりですか?

少々こじつけの感もありますが、約300年前のこの衝撃的な事件は庶民の心をとらえ、
お上の目を欺くため、直接的な表現を避け、
符号や字謎を駆使しながら連綿と上演されてきた物語なのです。

新春のカールヘルムのプリントは、「めで鯛」。これは、「目出たい」とのかけ言葉。
こちらも江戸の昔から使われてきた表現ですが、
話しが結び付いた所でお後がよろしいようで・・・。
Merry Christmas from PINKHOUSE
2001年 12月 21日 (金) 11:32 | 編集
Merry Christmas from PINKHOUSE
May all your Christmas wishes come true!
皆様のクリスマスの願い事がかないますように!
============================
一年でいちばん心踊る季節がやってきました。
イルミネイションやクリスマスソングが巷にあふれると、
サンタクロースの存在はとうの昔に信じなくなったけれど心が浮き立ちます。

クリスマスの語源は Christ's mass でキリストのミサという意味です。
正確にはこの日がキリストの生誕日ではなく、
生誕から約300年後の宗教会議で制定されました。
原始宗教の冬至祭に、キリスト教の布教や宗派の統一を目的にした
政治背景などもあったようです。

教会ではクリスマスの4週前からを待降節と呼び、
リースの上に立てられた4本のロウソクに、一週毎の日曜日に火が灯されます。
4本目のロウソクに火が点いた時にちょうどクリスマスを迎えるということです。
学生時代、普段は厳しい面持ちのシスター達の顔がこの時期、
華やいでいたのを思い出します。

若草物語の中で四姉妹がクリスマスプレゼントに、
それぞれの個性に合った色の皮表紙の聖書をもらい、母親に感謝するくだりがあります。
子供の頃、すでに何をもらうかで頭がいっぱいだった私にとって、
その聖書というささやかなプレゼントは、クリスマスの本来の意義を問われているようで、
子供ながらに少しだけ自分を恥じた記憶があります。

成長して待降節を祝うシスターや、このところの世界を取り巻く状況を知るにつれ、
クリスマスを待つ意味にも変化はありますが、
でも、やっぱり、クリスマスを理由に洋服を新調したり、
プレゼントを選ぶのはいくつになってもやめられません。

皆さんのクリスマスがどうか素敵なものでありますように。
カキのように無口な~ as dumb as an oyster
2001年 12月 12日 (水) 11:20 | 編集
くいしん坊の集まったピンクハウスWebチームは、
秋から冬にかけてカキが旬になることを心待ちにしています。

ご存知の方も多いかと思いますが、
カキには良質なタンパク質とグリコーゲン、ビタミン類、
鉄などの微量要素が豊富に含まれ、特に不足しがちなカルシウム、
鉄、亜鉛、などのミネラル類を摂る事ができます。
その上、脂肪分は0に近く、ダイエッターには最適の食べ物です。

よく言われるのは、カキは「R」のつく月に食べてもよいということ。
これは9月~3月(September ~ April)までが、カキを食べるのに適した月で、
5月(May)以降は産卵期のため、食あたりを起こしやすいということからきています。
上手く言ったものですね。

また、英語には「カキのように無口な~ as dumb as an oyster」という表現があります。
つまりカキは寡黙のシンボルということですが、
日頃おしゃべりが過ぎる私達は、カキを食べるだけでなく、
少しは見習った方がいいのかも・・・。
NEWSの語源
2001年 12月 10日 (月) 11:23 | 編集
札幌は記録的な大雪とのNEWSが流れてきました。
雪に慣れている土地柄とは言え、不意の大雪は備えがあっても大変ですね。
本格的な冬の突入にエールを送りたい気持ちです。

NEWSの語源はご存知の方も多いように、
・North/北
・East /東
・West /西
・South/南  それぞれの頭文字を集めたものです。

情報は、まさに西から、東からということでしょうか。
学生時代、英語の授業でこの事を聞いた時に思わず感心した記憶があります。

時が経って大人になり、NEWSは色々な方角からもやってくるけれど、
良いことも悪いことも同時にやってくるのだと、
特に今年ほど思えた年はありません。
来年は良くなることを願わずにはいられませんね。
ピンクハウスのランドセル
2001年 12月 01日 (土) 11:16 | 編集
時節柄、ちょっとピンときませんが、
早い方はもう来年の入学準備を始めていらっしゃいます。
ピンクハウスWebRoomにもお子様ランドセルのお問い合わせが多くなってきました。

ランドセルの語源はオランダ語の「ransel ・ランセル」。
その昔、軍隊などが背中に背負っていた背嚢(はいのう)から来た言葉です。

明治時代に学習院が採用したのが日本のランドセルの始りで、
今でもオーソドックスなタイプは学習院型と称します。

春先に、まるでランドセルが歩いているような、
心もとない足取りの一年生を見るのはやはりかわいいものです。
自分にもそんな時代があったのでしょうか。
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.