PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
七夕物語
2002年 06月 27日 (木) 16:37 | 編集
7月7日は、「七夕(たなばた)」ですね。

有名な仙台の七夕のように、地域によっては月遅れの8月8日に行事を行うところが多いようですが、昔から笹に願い事を書いた短冊を結び、「星祭り」を祝う光景は、
誰もが身近な体験として記憶にあるのではないでしょうか。

でも、肝心の織女と牽牛が、なぜ川をはさんで別れ々になり、
年に一度しか会うことがかなわなくなったのか?
このことをすっかり忘れていることに気がつきました。
私と同様に記憶がまだらになってしまった方のために(?)、
諸説はありますが代表的な七夕のストーリーをかいつまんで書いてみました。

昔々・・・。
天帝の娘で天の川のほとりに住む美しい「織女」は、父帝の言い付けをよく守り、
毎日熱心に機織に精を出していました。織女の織る布は見事な物で、
天帝も娘の働きぶりに大層満足していましたが、
仕事ばかりに没頭する年頃の娘を心配し、対岸に住む牛飼い「牽牛」と引き合わせました。

二人はたちまち恋に落ち、夢中になる余り自分の仕事をおろそかにし始めました。
その様子を見て怒った天帝は二人を天の川の両岸に引き離してしまいます。
しかし、嘆き悲しむ二人の様を哀れに思った天帝は、心を入れ替えることを条件に一年に一度、
7月7日の夜に会うことを許します。

でも、雨が降ってしまうと天の川の水が増水し、川を渡ることができません。
そんな時は川面を眺めて涙する二人のために、何羽ものカササギが飛んできて、
翼をせいいっぱい広げ橋渡しをするのです。

私はすっかり、「仕事をおろそかにしたがために引き離された」という部分を忘れ去り、
どういった経緯かは知らないが、とにかく大人の横暴によって引き起こされた悲しい物語、
と記憶していました。
今回、改めて調べると、どこか教訓めいた話しだったのですが、
どうりで自分の耳が痛い部分は都合よく記憶から抜け落ちていた訳です。

それはともかく、織女(織姫星)は琴座の一等星、ヴェガ。
牽牛(彦星)は鷲座の一等星アルタイルです。
カササギの役割にあたる白鳥座の一等星はデネブ。

夏の夜空を見上げると、ひときわ輝くこの3つの星が夏の大三角形を構成していますが、
旧歴の7月7日にあたる8月15日には、舟に例えられる半月、
「上弦の月」が天の川を横切り、舟人役として加わります。
伝承はあながち造り話しではなく、ほんとうに起きているかも・・・。
イングランドの旗
2002年 06月 21日 (金) 14:53 | 編集
またまたサッカーの話で恐縮ですが…。

この時期はいつもなら梅雨空をうっとおしく思っていたりもするのですが、
この2週間程は爆発的な喜びと、経験したことのないような落胆が交錯し、
久し振りにワクワクした日々でした。

さて、イングランドが敗戦し、うなだれていたところで今更ながらですが、
イングランド国旗がなぜ白地に赤い十字なのかということについての話題になりました。
疑問に思った方もいるのでは?ちょっと調べてみました。

イギリスの正式名称は
「The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」。
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国という長い名称です。
イングランド王国、スコットランド王国、ウエールズ公国、
それと北アイルランドの、もともと言葉も民族も違う4つの地域をイングランドが併合し、
共通の国王を戴いていることからこう呼ばれています。

これを短縮して「U.K」または「Britain」と表記するのですが、
日本では連合王国全体を総称して「イギリス」と表記しています。
「イギリス」の語源はイングリッシュ、もしくはイングランドであり、
これだと王国の一部しか表していないことになります。

イギリスはご存知のようにサッカー(Football)発祥の国。政治的にはひとつの国ですが、
FIFA(国際サッカー連盟)は独立国扱いとし、
イギリスだけはひとつの国で各地域の代表チーム編成を認めています。
※欧州の予選リーグを戦った場合、
スコットランドやウェールズ代表はなかなか勝ち上がってこれないそうですが。

そのイングランドの旗が今回よく目にした、「白地に聖ジョージの赤十字」。
グッドデザインの英国旗・ユニオンジャックは、
国旗制定時にすでに併合されていたウェールズをのぞき、
スコットランドの「紺地に聖アンドリューの白のたすき十字」、
アイルランドの「白地に聖パトリックの赤のたすき十字」の
3つを重ね合せたデザインになっています。(言葉での説明はなかなか難しいですね)

ちなみに、イギリスがオリンピックにサッカーで参加していないのは(そう言えばそうでした)、
W杯と同様に各地域代表の編成を望んでいるのですが、
「IOC」はイギリス一国としてしか認めていないからなのだそうです。

色々あるんですね。
W杯をきっかけに色々なことを知ったのでした。
ワールドカップ開幕!
2002年 06月 13日 (木) 14:47 | 編集
熱戦が続くワールドカップですが、
ピンクハウスWEBチームの興味と話題もご多分に漏れずW杯です。

このコーナーではできるだけ月並みな話題を避け、
ピンクハウス的ライフスタイルの奥行きとなるようなテーマを探すべく(?)、
奔走してきたつもりなのですが、さすがにここまで盛り上がると話題にせずにはいられません。
ただ、もううんざり、という方もいらっしゃると思うので、
少し違った観点でW杯を拾ってみることにしました。

さて、今回は皆さんにちょっと質問です。日本の人口は現在約1億2650万人ですが、
出場各国の人口って大体どれ位なのでしょうか?
32ヶ国をすべて調べるのはちょっと難儀ですので、
馴染みのある国だけでも調べてみました。
万単位なので数字の精度はありませんが、大体の目安としてご覧ください。

*アジア地区*
韓国:4,680万人 中国:12億6,680万人
*ヨーロッパ地区*
イタリア:5,730万人 フランス:5,910万人 ロシア:1億4,720万人 
スウェーデン:880万人 スペイン:3,940万人 イングランド:4,910万人 
ドイツ:8,200万人 ポルトガル:990万人 アイルランド:370万人
*アフリカ地区*
カメルーン:1,460万人 チュニジア:940万人
*南米・北米地区*
アルゼンチン:3,350万人 ブラジル:1億6,530万人
アメリカ:2億7,310万人 メキシコ:9,730万人

さていかがなものでしょう。意外と知らないと思いませんか?
面積が大きいロシアや、ヨーロッパの主権を握る国の人口が思ったより少なかったりして、
人口の多さと認知度、あるいは世界に及ぼす影響力が
必ずしも一致しているとは限らないようですね。

全世界の人口は現在約63億1050万人。
ひと頃前に流行った「世界がもし100人の村だったら」を例に借りると、
2人が日本人ということになります。ロシアの子供も2人。
アメリカの子は4人、中国の子供は20人。
韓国やフランス、イタリアからきた子は1人、いるかいないか。
世界で2番目に人口が多いインドの子供達は16人になります。

それでも残りの60人近くは色々な国の子供達であり、そのほとんどが
アジアやアフリカの経済困窮地域です。でも実際は私達日本人をはじめ、
ほんの数%の地域の国が経済や資産を動かしているに過ぎません。

ワールドカップからそんなところに考えが及んでしまい、
今更ながら日本の役割などを考えてしまいますが、
W杯などのワールドクラスのイベントは、
いつもと違う意味で海外に目を向ける良い機会かもしれませんね。
ジューンブライド
2002年 06月 07日 (金) 14:43 | 編集
6月といえばジューンブライド。
結婚式のお呼ばれや、ご自身の結婚式を控えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

6月は英語でジューン【June】ですが、これはギリシャ神話の主神ゼウスのお妃、
ヘラのローマ名【ジュノー・Juno】に由来するもの。ヘラは女神の中で最高位にあり、
婚姻・出産を司り家庭・女性の権利・子どもの守護神であることから、
6月に結婚すればその祝福を得られるというヨーロッパの伝承に基いています。

もうひとつ、Something four(サムシング・フォー)を
耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
「サムシング・フォー」とは、嫁ぐ日に4つのSomethingを身に着けることで幸福な結婚を願うという、
やはりヨーロッパに古くから伝わる習慣です。

■Something New(サムシング・ニュー・何か新しいもの)
これから始まる新しい未来を象徴します。
この日のために新しく誂えたもの、新しく用意したものを身に付けます。

■Something Old(サムシング・オールド・何か古いもの)
古いものは花嫁とその家族とのつながり、経済的な安定、そして謙虚な心を意味します。
代々受け継がれているものや、花嫁の幸せを願う母親や祖母から譲り受けたものを身に付け、
またそれを受け継ぐという意味も込められています。

■Something Borrow(サムシング・ボロウ・何か借りたもの)
既に結婚をして、幸せな結婚生活を送っている友人などから何かを借りることで、
その幸運にあやかるという意味があります。
また、隣人愛、調和を象徴し、
結婚生活が周囲の祝福に満ちたものであるようにとの願いが込められています。

■Something Blue(サムシング・ブルー・何か青いもの)
青は欧米では聖母マリアのシンボルカラー。
童話「青い鳥」でも知られるように幸福を呼ぶといわれる色でもあります。
古来より慎ましさや誠実な心を象徴し、
当日はそっとひそかに何かブルーの物を身に着けると良いといわれます。
ブルーのガーターベルトがポピュラーでしょうか。

日本でもこの習慣に習って「サムシング・フォー」を用意される方も増えてきたと聞きますが、
もともとはマザーグースのこの詩に由来する幸運のおまじないです。

Something old, something new,
Something borrowed, something blue,
And a sixpence in her shoe.

何か古いもの、何か新しいもの
何か借りたものに、何か青いもの
そして彼女(花嫁)の靴には 6ペンス

「6ペンス」は花嫁に靴の片方に6ペンス銀貨をしのばせておくと、
経済的に恵まれ豊かで幸せな人生を送ることができるというイギリスの言い伝えです。

ジューンブライドの話しから長くなってしまいましたが、
これからご結婚を控えていらっしゃる方にたくさんの祝福がありますように。

そして今月はピンクハウスより「ブルー」にまつわるシリーズがリリースされます。
「ブルー」がすべての人に幸福を呼び込みますように。
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.