PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
「海の日」、そして「丑の日」
2002年 07月 19日 (金) 16:45 | 編集
明日、7月20日は「海の日」、そして土用の入りで「丑の日」でもあります。
毎年この時期になると「うなぎを食べる」話題になりますが、
本当のところ"ドヨウのウシの日"が何の意味をなすのか曖昧なまま、
「うな重」だの「ひつまぶし」だの、そして「うなぎ茶漬け」などをモリモリ食べていました。

土用というのは中国の陰陽五行思想からきた暦の季節の割り振りですが、
ややこしいのでここでは省略します。(やっぱり曖昧)
土用は夏だけではなく、立春、立夏、立秋、立冬の前に年4回あり、
土用はその前の18日間のことを指します。

「土用の入り」とはその期間に入ることを意味し、
期間中の丑の日(年と同じく日にちにも十二支が巡っている)を「土用の丑の日」と呼ぶのです。
暦の巡り合わせにより、約2年に1度 土用丑が2回の年が来ますが、
今年は7/20と8/1がそれにあたります。
うなぎ屋さんは大いそがしですね。

ところで日本の多くの地方では例年、夏の土用の期間に梅雨が明けることが多く、
暑さもいよいよ本番になります。そのため夏の土用は「暑中」とも言い、
暑中見舞いは土用の期間に出すのが一般的です。

土用丑にうなぎを食べるという習慣は、江戸時代の蘭学者であり、
発明家の平賀玄内がうなぎ屋の宣伝のために考案したものであると言われていますが、
クーラーもなかった時代、
暑気当たりに精のつくうなぎを食べるのは理にかなったものだとも言えます。

でも、温暖化で気温上昇、更にはストレスやら何やら、
上がりっぱなしの現代こそ、うなぎを食べて元気を出す必要がありますね。
ピンクハウス・ベーシック
2002年 07月 12日 (金) 16:42 | 編集
いつの頃からか服は消耗品、という感覚が強くなってしまいした。
確かに服というもの自体はプラスティックなどの工業製品と違い、
洗濯を重ねるうちに生地もくたびれてきます。
特に気に入りの一枚は着る頻度も多く、着用が多くなるにつれほつれたり、
いつしか色褪せてきたりもします。
そういった意味では消耗品であることに違いありません。

ここ数年で世の中の洋服のお値段は驚くほど安くなって、
それはそれで多少粗末に扱っても後ろめたい思いがないのだけれど、
反面、ずっと以前に思いきって買った服を大事に着ていた時の気持ちや、
店頭でひとめ惚れして買った服を初めて着た時の、
高揚感に似た感覚が薄れてしまってきたのも確かです。

目まぐるしく変るトレンドや、硬質でクールなラインの服達が巷に溢れる中で、
ピンクハウスのベーシックラインともいえる、
綿ローンとデニムの組み合せのやさしい風合いや、独特の"やぼったさ"に触れると、
なぜかホッとしたり安心感を感じるのは私だけではないはずです。

時折、原点回帰するかのように、ピンクハウスはベーシックなラインを作ります。
でも、決してそれは定番というのではなく、
必ずどこかしらピンクハウスなりのゆっくりとしたペースで進化を遂げているのですが、
ハタから見るとそれは止まっているかのように見えるかもしれません。

でも、変っていないのは服に対する気持ち。
決してお安くない、むしろ価格の高いお洋服ですが、
どうぞ大事に着てください。
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.