PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
本社、引越しました。
2003年 10月 24日 (金) 12:26 | 編集
ピンクハウス本社の引越しが終わり、約3年ぶりに代官山に戻ってきました。
代官山はピンクハウスの原点であり、聖地とも言える場所。
かつてこの地でピンクハウスが歩み始めた時のように、
新しい社屋で心機一転、スタートです。


源氏物語などによく出てくる方違え(かたたがえ)とは、
目的地が禁忌(きんき・タブーの意)の方角に当たる場合に、
一旦、別の方角に居場所を移してから向かう風習のことを意味します。

昨今話題になっている陰陽道(おんみょうどう)に従い、災いを避け、
福を招き入れる手段として、平安時代以降、貴族を中心に盛んに行われました。

それは、今よりもっと天変地異や病が、
目に見えぬものの働きかけで起きると畏れられていた時代、
祟りに障らぬようにする為の大切な習慣だったに違いありません。
もっともそれを口実に、平安貴族は恋人を訪ねたり、
意に添わない来客を避けたりしていたようですから、都合良く使っていた面もあるようです。

ちなみに、源氏物語「帚木・ははきぎ」では、
源氏はその方違えで出向いた紀伊の守の屋敷(和歌山方面か?)で空蝉と居合わせます。
「帚木」は頭の中将・光源氏他二名の若き公達による女性談義、
そう、「雨夜の品定め」で有名な第二帖があるので、ご存知の方も多いかもしれません。

さて、なぜに”方違え”の話しなど、と思われるかもしれませんが、会社の引越し
作業でたくさんの荷物をまとめながら、ちらりと頭の中で風水的にはどうなんだろう、
などと考えているうちに、古典で出てきた方違えに考えが行き当たりました。

引越しは方違えと別のものですが、とは言え、
1000年経っても目に見えぬものへの畏怖心は根付いているようです。
できればその目に見えぬものと折り合って、できることなら力を借りて、
と思うのが人の常、でもその前に自分の心がけが大事なんですよね。
ピンクハウス・秋のブリティッシュライン
2003年 10月 03日 (金) 12:23 | 編集
紳士の国、女王の国でありながら、ビートルズが誕生し、
シド・ビシャスやヴィヴィアン・ウエストウッドが世に出た国。

映画も音楽も、そしてファッションも、常に時代に新しい影響を与えるのは大英帝国、
イギリスが発信源であるような気がします。

ヨーロッパの街並みは歴史の佇まいを感じさせ、
どこを見ても情緒のかけらもない日本の都市の風景からすると、羨ましい限りです。
けれど、石で築かれた建物は堅牢がゆえに何年も、場合によっては数百年も受け継ぐ代わりに、
ある意味、新しい物を拒み続けてきた代償もあるはずです。

加えて、曇天が多い気象や、冬などは緯度の関係で夜が明けるのが遅いので、
鬱屈した空気と閉塞感が、パンクに代表されるような、
若者を中心としたムーブメントに繋がっているような気がします。

などと、私の個人的所感はあまりあてにはなりませんが、
伝統と革新 、ソフト&ハード、それらをミスマッチさせていく英国流スタイルには、
いつも心惹かれてしまいます。

ミスマッチもピンクハウスのひとつのスタイル。
今秋のブリティッシュラインの流れをピンクハウス流にアレンジした、
秋のコレクションをどうぞお楽しみください。
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.