PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
抹茶とカフェイン
2005年 05月 02日 (月) 17:13 | 編集
今日は八十八夜。
八十八夜とは、節分や彼岸など、雑節と呼ばれる季節の節目のひとつで、
立春からかぞえて八十八日目に当たる日のことを言います。

この時期は歌にもあるように、新茶の最盛期、この日に摘んだお茶は縁起が良いとされ、
飲むと長生きすると言われています。

日頃ピンクハウスがお世話になっている百貨店さんでも新茶のイベントが多く、
先日は日常使いのお抹茶に、冷茶用のお抹茶、
そしてあまりのかわいさに野点の小さなセットを購入してしまいました。

タイミング良く、家でホコリをかぶっていた南部鉄瓶を発見し、季節の和菓子も購入して、
道具立てはOKです。

かねがねお抹茶とヤクルト(?)の量には物足りなさを感じていた口なので、
今回は思う存分、ザブザブ点てていただいたところ、
カフェインのせいで夜中まで寝付けなくなりました。

おそるべし、お抹茶。
控えめな量はワビ・サビの顕れかと思っていましたが、
やはり物事には適量というものが存在するようです。
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.