PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
PRESS通信【Vol.6】
2009年 04月 01日 (水) 10:57 | 編集
PRESS DIARY
皆さま、こんにちは。
今日は最新号のインゲボルグ2009年夏カタログの撮影の様子をお届けいたします。

夏物のカタログですが、実際の撮影は2月の末に行われたので、まだまだ寒い頃でした。
しかも週間予報では「ずっと雨」の予報で冷や冷やものでした。
ところが撮影の日だけ見事に雨が止んだ奇跡の1日で、それでもラスト2カット目からは小雨が降り始め、何とかギリギリセーフで終了。それにはスタッフ一同驚きでした。
(その3日後には東京でも相当な雪が降ったりしました!)

今回のモデルはcandice swanepole。
南アフリカ国籍の20歳です。
candice.jpg
インゲボルグの場合、モデル選考の段階でアフリカ系は選ばないことが多いのですが、彼女はヨーロッパ系の匂いがしたのと、今回のテーマでもある「エスニック」な雰囲気も醸し出せたのが選択のポイントでした。

撮影場所は前回と同じ千葉の九十九里浜にあるサンシャイン牧場です。
IMGP3105.jpg
前回は海側を使いましたが、今回は海までの荒地で撮影です。
朝4時過ぎの集合だったのにも関わらず、彼と同伴で集合場所にやって来ました。
彼もモデルで、ロケバスの前でお別れをするときも、何十分も熱いキスとハグをして、私もロケバスのおじさんも目のやり場に困るほどでした。今相当にラブラブな時期だったんでしょうね。

オーディションの時はキャメロンディアスみたいと評判でしたが、撮影になるとアンジェリーナジョリーと言われ、確かにどちらにも似た感じの顔立ちでもありました。
見事なブロンドヘアーとブルーアイ、褐色の肌が本当に美しかったです。
そのブロンドのヘアーで編まれた4つ編みも必見です。
IMGP3103.jpg
一見すると分からないのですが、洋服を着用すると少し肉感的な感じのするモデルでした。
それでもアフリカだとバスとトヒップが1m超えのモデルがザラの中、キャンディスは控えめなボディな様です。

今回の撮影では、カメラマンを始め動物好きなスタッフも多いと云うことで、スタッフのチワワも撮影のお供となりました。
ルナ
キャンディスもブルドックを飼っているほどの犬好きなので、チワワに興味津々で、ベロを引っ張ってみようとしたり、自分の毛の色と尻尾の毛の色とを見比べてみたりして、楽しんでいました。

キャンディスはその日の飛行機で北海道入りすることが決まっていたので、ランチも採らずに空港へと向かいました。
いつもながら撮影は一期一会です。

PRESS
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.