PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
記憶の中のひな祭り
2002年 02月 22日 (金) 12:05 | 編集
東京は少しずつ春めいてきました。
まだ雪が積もる地域にお住まいの方には申し訳ない気がしますが、
ホコリっぽいような「春の匂い」を嗅ぎ取っています。

ここでは、ピンクハウス的歳時記とでも言えるのでしょうか、
季節にちなんだ話題をお届けしていますが、
いよいよ3月3日、ひな祭りが近付いて来ました。
子供の頃は、まだ寒い季節の記憶とともに、
待ち遠しさ半分、フクザツな思いで迎えたことを思い出します。

というのも、自宅のひな人形は当時の主流だった7段飾り。
セッティングは子供達の担当です。
棚の組み立てやら人形の飾り付けなどが、子供心に非常に面倒だった思いがありました。
ズルズル先伸ばしにしている内に3月3日も目前に迫り、
母からは「一夜飾りは縁起が悪いからダメなのよ!」という脅迫のような言葉が飛んできます。

ひな人形に限らずお正月のしめ飾りなどの行事は、
昔から一夜飾りはよくないと言われていますが、縁起が悪いとされるのは、
葬儀などの不幸は突発的で一夜準備になることが多く、
それに通じるということで嫌われるためです。
もうひとつは神事など、事前に分っていることの準備を怠ることは、
尊敬の念に欠けているという戒めでもあるようです。

ひな人形は1~2週間前には飾り、翌4日には片付けるのが良しとされています。
これは皆さんご存知の方も多いと思いますが、長く飾っていると婚期が遅れる、
という云われがあるからです。

もともとは子供に災厄がかからないよう、厄祓いから発展した行事。
災厄を肩代わりしてくれるという、お雛様を大切に飾ってあげなくてはいけませんね。
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.