PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
気まぐれ、キューピッドの矢
2002年 02月 15日 (金) 12:11 | 編集
皆さま、バレンタインの首尾はいかがでしたか???

ギリだの何だのと言われますが、
学生時代この時期にチョコレート屋さんでアルバイトを経験した者としては、
押し寄せる人波に腰が引けつつ(まるでセール!?)鬼気迫るほどの真剣さと
切実さに胸を打たれる思いをしました。

さて、目的の成就のためにはキューピッドに恋の矢を射てもらわなければなりません。
キューピッドはギリシャ・ローマ神話の中の愛の神「エロス」。
よく混同されますが、キリスト教などの宗教を起源とした「天使」とは違います。
この時期はお願いする相手を間違っては恋の成就などあり得ません。
見分け方は、矢を持っているのがキューピッド。天使は手ぶらか楽器です。

キューピッドが放つ矢には2種類あり、金の矢で胸を射られると最初に見た相手に恋をし、
鉛の矢で射られると100年の恋さえ覚めてしまいます。
きまぐれなキューピッドのせいで太陽神アポロンは、
川の神の娘ダフネに恋をしてしまいますが、ダフネの胸には鉛の矢が。

ダフネはアポローンを拒むあまり、最後は月桂樹に姿を変えてしまいます。
悲しんだアポローンは月桂樹の冠を以後自分のシンボルとするのですが、
そんな思いとは裏腹に、月桂冠は勝者のシンボルとなっていますね。

ちなみに「プロセルピナの掠奪」が有名な彫刻家のベルニーニは、
「アポロ と ダフネ」のこの瞬間も大理石の彫像で刻み出しています。

さて、キューピッドにお願いをしても、一向に矢が放たれる気配がない場合は自力です。
西洋ではこの月桂樹の葉を枕の下に入れて眠ると、
素敵な正夢を見ることができるといわれています。

でも、見る夢が必ずしも恋に勝利する夢とは限りませんが、
ダメもとで試してみては・・・。
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.