PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
「香水」にまつわるミニ知識
2002年 05月 31日 (金) 14:37 | 編集
「香水」は総称で、含まれる香料の濃度などによって以下のように分類されます。

【Perfume】 パルファム 
アルコール純度・90~95度/香料の濃度・15~30%/香りの持続時間・5~7時間
濃度が高く、重厚で華やかな香りが特徴で、少量でも香りが持続します。
調香師の意図が明確に現れます。パーティなどのフォーマルな席に。

【Eau de Parfum】 オー・デ・パルファム 
アルコール純度・85~ 90度/香料の濃度・10~15%/香りの持続時間・5時間以内
香水に次いで濃度の高いもので、香水とオー・ド・トワレの中間に位置します。
単にパルファムを希釈しているのではなく、最も美しい香調であるように調整されています。
香立ちもソフトなので、湿気の多い日本での利用者が多いです。

【Eau de Toilette】 オー・ドゥ・トワレ
アルコール純度・80~85度/香料の濃度・5~10%/香りの持続時間・3時間ぐらい
“Eau” は「水」、“Toilette”は、「みだしなみを整える」の意。
パルファンに較べるとお値段も手頃で、
香りも軽くソフトなので日常生活やオフィスで気軽に使えます。
香りの初心者向けといったところですね。

【Eau de Cologne】 オー・デ・コロン
アルコール純度・75度~80度 /香料の濃度・3~5%/香りの持続時間・1時間ぐらい
「Cologne」 とはドイツの都市、ケルンのことで、「Eau deCologne」 はケルンの水という意味。
ケルンの水にわずかに芳香があったことに由来しています。
香りが飛びやすいので、スポーツや入浴後などにたっぷりと使って気分転換に。
柑橘類を加えた香りが多く、フレッシュでシンプルな香り方をするのが特徴です。

それぞれの香水には付けた直後から、トップノート、ミドルノート、ラストノート
と、時間に伴って3段階の変化があり、購入時はその香水の個性が一番強く出る、
ミドルノートの香りで判断すると良いいいます。ぜひ参考にしてください。
(ノートとは香調のことですが、音符のことでもありますね。)

【トップノート】
つけた直後から 5~10分前後の香り。
主な香料として揮発性の高いスパイス系やグリーン系、オレンジ、レモン等のシトラス系の
ラベンダー、アルデヒド、ミモザなど、比較的すぐに飛んでしまいます。

【ミドルノート】
つけてから30分後ぐらいに現れる香り。
主な香料として、すずらん、バラ、ジャスミン、バラ、ライラックなどフローラル系の
香りやピーチ等のフルーティ系、シナモン、バジルなど、
その香りの個性と特徴を最も表現するパートです。

【ラストノート】
2~3時間後くらいから香り立ち、消えるまで持続する香り。
ミドルノートのフローラル系の香りはよりまろやかになり、
主な香料として深みや温かみのあるサンダルウッド、
バニラ、オークモス、ムスク、アンバー、白檀など、
残香性の高い動物性香料、オリエンタル系が残ります。

香水は元々の原料が発する香りの他に、肌に付けることで温められ、
本人の体臭とまざることでさらに個性的な香りとなっていきます。
香水は揮発性の物ですから、下から上へと香りが立ち昇るという特性があります。
そのため、着ける際は身体の中でもより体温の高い場所や、脈打つところに着けると効果的です。
耳の後ろや手首に着ける仕草は優雅で美しいものがありますね。

香水のミニ知識、いかがでしたか?
ドレスアップの最後の仕上げの香水が、その日の気分を左右することもありますね。
マナーを守り、お洋服と同じに上手に装えば、素敵なパートナーになってくれるでしょう。
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.