PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
イングランドの旗
2002年 06月 21日 (金) 14:53 | 編集
またまたサッカーの話で恐縮ですが…。

この時期はいつもなら梅雨空をうっとおしく思っていたりもするのですが、
この2週間程は爆発的な喜びと、経験したことのないような落胆が交錯し、
久し振りにワクワクした日々でした。

さて、イングランドが敗戦し、うなだれていたところで今更ながらですが、
イングランド国旗がなぜ白地に赤い十字なのかということについての話題になりました。
疑問に思った方もいるのでは?ちょっと調べてみました。

イギリスの正式名称は
「The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」。
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国という長い名称です。
イングランド王国、スコットランド王国、ウエールズ公国、
それと北アイルランドの、もともと言葉も民族も違う4つの地域をイングランドが併合し、
共通の国王を戴いていることからこう呼ばれています。

これを短縮して「U.K」または「Britain」と表記するのですが、
日本では連合王国全体を総称して「イギリス」と表記しています。
「イギリス」の語源はイングリッシュ、もしくはイングランドであり、
これだと王国の一部しか表していないことになります。

イギリスはご存知のようにサッカー(Football)発祥の国。政治的にはひとつの国ですが、
FIFA(国際サッカー連盟)は独立国扱いとし、
イギリスだけはひとつの国で各地域の代表チーム編成を認めています。
※欧州の予選リーグを戦った場合、
スコットランドやウェールズ代表はなかなか勝ち上がってこれないそうですが。

そのイングランドの旗が今回よく目にした、「白地に聖ジョージの赤十字」。
グッドデザインの英国旗・ユニオンジャックは、
国旗制定時にすでに併合されていたウェールズをのぞき、
スコットランドの「紺地に聖アンドリューの白のたすき十字」、
アイルランドの「白地に聖パトリックの赤のたすき十字」の
3つを重ね合せたデザインになっています。(言葉での説明はなかなか難しいですね)

ちなみに、イギリスがオリンピックにサッカーで参加していないのは(そう言えばそうでした)、
W杯と同様に各地域代表の編成を望んでいるのですが、
「IOC」はイギリス一国としてしか認めていないからなのだそうです。

色々あるんですね。
W杯をきっかけに色々なことを知ったのでした。
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.