PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
カールヘルム「ラグビー テディ」プリント
2002年 10月 10日 (木) 20:04 | 編集
ラグビーでは試合終了の合図をノーサイド(No side)とよびます。
ノーサイドとは、試合終了後は敵と味方、どちらの側(side)でもなく、
互いの健闘と友情を称え合い、勝つことよりもいかにして戦ったかに重きを置く、
ラグビー独特のメンタリティを顕著に表す用語のひとつです。

先頃のWカップではすっかりサッカー通になった方も多いと思いますが、
ラグビーとなるとまだまだ馴染みが薄いかもしれません。
でも、1チーム15人であるとか、ルールの詳しいことはてんで解らなくても、
太いストライプのラグビージャージや、扱いにくそうな楕円のボールは意外と身近に感じます。

ラグビーには軽い反則があった場合、スクラムを組んでボールを取り合う、
という場面がしばしば見られます。
一試合40回ほどあるそうなので、TVなどで目にしたこともあるでしょう。

詳しいことは失念してしまったのですが、
昭和の初期に日本から来た遠征チームと試合をしたというニュージーランドの白髪の紳士が、
スクラムを組んだ時、日本人からせっけんの香りがした、とTVで思い出を語っていたのを見て、
若い頃の強面(こわもて)ぶりを容易に想像できる風貌の紳士でしたが、
何てかわいいんだろう、と思った覚えがあります。

ラグビーは冬が本番のスポーツ。
今年、機会があれば観てみたいと思うのはデフラグビー。
ご存知ない方のために言うと、聴覚障害を持つ人達のラグビーです。
自分の後ろにいる人にしかパス出来ないという、特殊なルールのラグビーでは、
音とコミュニケーションは非常に大事なものとなります。

審判の笛もそうです。フィールドではその笛の音も選手に届かないわけですが、
デフラグビーでは観客が審判の笛に合わせ、黄色の旗を振って選手に知らせるのだそうです。
激しい競技でありながら、一体感とやさしさに包まれた競技場に
いつか足を運んでみたいと思います。

今回のカールヘルムのフェアのキーモチーフのひとつがラグビー。
ユニフォームを着たクマのぬいぐるみを見て、そんなことを思いました。
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.