PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
2002年 今年のボージョレヌーボー
2002年 11月 15日 (金) 14:45 | 編集
今年も11月21日の第3木曜、午前0時がボージョレヌーボーの解禁です。
昨年もこの季節の話題としてボージョレについて触れました。
もう1年だなんて早いものですね。
同じような話題では芸がないので、今年はちょっと違った角度から。

レストランでは同じ赤ワインでも、
ワインの種類によって形状の違うグラスを出してくれますね。
これは理由を聞かなくても直感的に納得する部分もありますが、
舌で感じる味覚の部位とワインの性格を考えてのことだそうです。

例えば白などの酸味の強いワインには卵型のグラスを合わせますが、
先をすぼめることにより、まず甘味を感じる舌先に当て、
さらに酸味を多く感じる舌の両サイドに流れにくくすることで、
まっすぐ喉まで流れるようにし、酸味を柔らかく感じさせます。

ブルゴーニュ産の(もちろんボージョレも)酸味が強く、若いフレッシュな赤ワインは、
酸味を調節するため、舌の真中でやや面積を広げて受けるようにし、
白に合わせるグラスよりやや少し丸みを帯びた形状のタイプを合わせます。

同様に渋み(タンニン)の強いワインが、渋みを感じる部位に直接流れこまないようにであるとか、
品種によっては舌の他にその芳醇なブーケ(香り)を高めるため、
非常に容積の大きな形のグラスを合わせるであるとか、
グラスは近年の化学的な研究に基いて意図的に作られ、
ワインを味わうための非常に大事な道具建てとなっています。

もっとも奥深い世界ですので、この程度の浅い知識ではご披露するまでもないのですが、
グラスとワインの関係が舌の感覚器官に係わることを少し知っていれば、
家でいただくワインのグレードも上がるかもしれません(~_~;)。

ワインに限らず、アルコールとグラスとの関係は非常に密接で、形状、大きさ、薄さ、
それこそお酒の種類だけグラスの形状もある訳です。

また、それは本来かなり厳密に使い分けられていて、
飲酒にかける情熱(というか執念というか)が、
文化を発達させる原動力になっているのはまちがいありませんね。
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.