PINKHOUSE Official Blog
プレスからのお知らせです。
トランプの絵札のひみつ
2003年 01月 31日 (金) 15:16 | 編集
トランプの絵札の人物の顔の向き、これには意味があると言われているのをご存知ですか?
トランプのダイヤは「富・あるいは名声」、クラブは「知恵」、スペードは「死」、
ハートは「愛」をそれぞれ象徴していると言います。

改めて見るとキング・クィーン・ジャックの顔の向きの違いに気が付きますが、
それはそれぞれの象徴に対する関心の度合いの違いという訳です。

老獪なキングは「知恵」側に大きく顔を向け、しかし、せまりくる人生の黄昏も感じ、
「死」にも無関心ではありません。
「愛」はなくもありませんが、若き日の情熱とは別物といった風です。
しかし、「富」に対しては真正面に向き、(つまり絵柄は真横向き)執着心を顕にしています。

女王・クィーンはそれぞれの象徴にバランス良く関心を示しますが、
それは主張のなさとも感じます。
カードの衣裳がヘンリー8世の時代であるということを考えると、
うがった見方をすれば当時の女性の時代性を反映しているとも受け取れます。
絵札の中で唯一の女性は何を思っていたのでしょうか。

若いジャックは「富と名声」に興味はありますが、
それを得るための過程である「知恵」の習得に熱心とは言い難く、
そっぽを向くような図案になっています。

しかし、若気の至り、「愛」がすべてとばかりハートを真正面に見据え、
「死」はおよそ縁がないとでもいう風にスペードには背を向ける構図。
ハートとスペード、この2枚が横顔なので、
ゆえに、時折謎かけで問われる横顔のジャックは2人ということになるのです。

あくまでひとつの説だそうで、現在のデザインになるまでに諸説あります。
ただ、この解釈が昔も今も人間性の根本を言い得ている気がして妙に納得してしまいます。
手にしている持ち物や髭のある・なし、モデルは歴史上の人物であると言われている話しなど、
子供の頃から馴染みの深いトランプですが、
実は不思議が一杯詰まっていることに気が付きます。

さて…、
ピンクハウスのテーマは「WONDER RABBIT」。
トランプはウサギを案内役に、不思議の世界に誘います。
copyright (C) PINKHOUSE Official Blog all rights reserved.